HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈栗山〉

No.4 SAPPORO

無垢の木でリノベーション

都心のマンションに暮らしながら
森や自然を近くに感じたい。
そんな気持ちに
北海道生まれの“無垢の木”と
職人の技術が応えました。

HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉

HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉

HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉

HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉

HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉

HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉

HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉

HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉

HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉
HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉
HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉
HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉
HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉
HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉
HOUSE&HOUSE|無垢の木のマンションリノベーション〈札幌〉

MEMO

クライアントは、仕事の都合上、都心に近いマンションで生活をするが、マンションリフォームでも北海道の様々な木材を使った地産地消の家づくりができないかとご相談をうけて、今回のプロジェクトがはじまりました。そういう思いに共感し、施工者である木村建設の木村さん(足寄町)や左官職人の野田肇介さん(浦河町)、カラマツの床材を製作してくれた瀬上製材所の瀬上さん(幕別町)と木下林業の木下さん(浦幌町)、エゾマツの壁材を出荷してくださった中島木材商事の伊賀さん(帯広市)、この住まいのほとんどの製作家具の材料を用意してくれた森の生活の麻生さん(下川町)、家具や建具製作してくださった621さん(札幌市)、建具に使用した蝦夷和紙を作ってくださった東野早奈絵さんなど、クライアントが仕事やプライベートを通して交流を深めた方々が参加しています。設計者として、そのような素晴らしい人たちの思いが込められた上質な材料や技術を、適材適所に使い分け、全体として1つの調和のとれた住まいになるように心がけました。クライアントのお子さんたちは、今回のプロジェクトを通して、材料の調達や製材などの現場にご家族で見学しており、改装中のマンションの一室をみて、「森に住むんだ」と形容したことは、このプロジェクトの核心をついていて、また、言葉をかえすることなく体感として伝わったと嬉しくなりました。
 
北海道の恵みである木材を使った箇所

①床

カラマツ柾目無垢材

②壁

エゾマツ小幅板縦張り

③建具・建具枠

タモ無垢板

④靴箱のカウンター

シラカバ無垢板

⑤キッチン収納カウンター

ニレ無垢板とセン無垢板

⑥ダイニングテーブル

タモ無垢板

⑦ソファーテーブル

クルミ無垢板

⑧スタディースペース机

イタヤカエデ無垢板

⑨洗面台の幕板

ミズナラ無垢板

⑩トイレ収納の手掛け

エンジュ無垢板

⑪主寝室のベッドボードカウンター

サクラ無垢板

竣工

無垢の木を使ったマンションリノベーション

所在地

北海道札幌市

構造規模

RC造マンションの一室

延床面積

89.33㎡

施工会社

株式会社木村建設

写真撮影

日比野寛太

佐々木育弥(2、4枚目/雑誌リプランvol.134)

HOME | WORKS | マンションリノベーションⅠ〈札幌〉